イークッカーバーナーの分解が難しい(引っかかる部分がある)ので 少々の加工とメンテナンスをしたよ!


まず鉄ちんカバーの折り曲げ部が大きすぎて、組み込み時の知恵の輪状態になるので、曲げ部を極力研磨
FullSizeRender


ツマミ部を最低限のサイズを残して研磨
FullSizeRender


ちょっと研磨が粗いけどね(^^;)
IMG_5712





ガス缶を取付たままの収納でバルブツマミの出っ張りが極力短くなるよう5ミリカット
IMG_5703



バルブツマミ部 5ミリカット比較
これで内径69ミリの雪峰H300の中にガス缶組み込み形態で真っ直ぐ収納出来ます。

カット前は雪峰の底部アールが大きいので傾いていたんよね!
IMG_5708


バルブツマミの動きが硬かったので、劣化グリスと汚れ除去の為、アルコール洗浄後にシリコンオイルを塗布
FullSizeRender


バルブに二重Oリングと本体側にもパッキンが装着されていた。 ガス漏れ対策に余念がないですね(^^)
FullSizeRender


大分スッキリして来たよ₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾




さて五徳兼風防は、中途半端なワイヤー五徳の作成はやめて、メッシュカップに決めました!




ちなみにこれを加工予定

そう小さいシンク用のゴミ受けです(^^)
サイズがゴートレンジ チタンマグ420mlに収まるんですよ☝️
IMG_5721



この黒いプラ部分を取り除くだけと読んで購入



内と外を挟み込んで固定されてますので、中心の固定部らしき部分を溶かして分離
IMG_5724


少々手こずりましたが...(^^;)
思っていたより底のステンレス部分が大きかった! 端から15〜20mmやったら無加工で使えたのに...  穴サイズも拡張が必要やなぁ〜
IMG_5725




とりあえずこの状態で耐風性確認





扇風機 風力最大で80cmくらいの位置に設置
風速2.9m/秒です。軽風と言われるくらい....

顔に当たってる感じでは軽風と違って5m/s以上の和風くらいはありそうなんやが...
FullSizeRender


まず風防無しで扇風機をoffして点火


いつ消えるかと言うかんじですが、意外と踏ん張ってる(^^;)  安定した風速と位置だからかかな?    でも使えんですね☝️
FullSizeRender


とりあえず連続で風防をかぶして見ました。
横流れは随分と改善されましたが、よく見るとやはり横流れがあるのと、この風の中で点火は出来ませんでした。
FullSizeRender


アルミテープを風上側半分(180°)に、上からバーナーヘッド下くらいまで貼りました☝️
これだと風の中で点火出来ました₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾
炎を中心から少し出てるでしょ👏

多分5〜7m/秒くらいなら使えそうな感じ!
IMG_5737



二分ほど燃焼させましたが、下側のパンチング部は放熱性が良いのか素手で持てました(^^)





貼り付けたアルミテープはこんな感じ!
右下のマジック下書き線は、風下側の開口部のつもり(^^)
IMG_5738





こんな位まで穴を広げようと考えてます...
道具が無いんですが(TT)
IMG_5740




さぁどうやってパンチングステンレスをカットしようかなぁ...
IMG_5743



いつも金ノコ、プラ用ミニノコ、ヤスリで頑張ってきたが リューターいるよね...
パワーのある奴をAmazonで物色するか(^^;)


これなら薄いステンもカットできそう...






  ↓イークッカー関連の記事だよ!








By ArukeOssan