いやぁ〜  出来ちゃいました(^^)


イークッカーバーナーの軽量化と五徳...


意外とあっさり...



まずは完成品をBRSと比較

五徳に反応して赤火ですが...
畳んだ状態が似合ってるね(^^)
IMG_5691

五徳を広げると ちゃんと燃焼👌
こんな五徳を使うクッカーは使えませんが...
IMG_5692


この五徳は...
そうSOTO ウィンドマスターSOD-310 オプション五徳のフォーフレックスです!


IMG_5684

イークッカーのネック部にハマりました(^^)
IMG_5666

まぁ チョイ傾きますが...
ガッチリ止まってるのでこれ以上は傾かない!
IMG_5687







軽量化は完成品で分かると思いますが、収納式バルブコックのツマミ側を取ってキーホルダーの輪っかを付けただけ... 10gだけ軽量化(^^;)



一応このようにバラして...
FullSizeRender

これだと45gの軽量化ですが...
カバーを付けずに組みましたが、なんか不細工だったのとバネが外れそうなので...(^^;)
IMG_5637

この純正カバーも綺麗だし(⑉︎• •⑉︎)
やっぱり様になってる!
IMG_5683


収納式ツマミを外したのは、山コーヒー用のカップ スノーピーク 雪峰H300に収められるようにと☝️  チョイ斜めになりますが...

ガス缶を外すとオリジナルのまま入るけど、バラして収納すると高さが雪峰からはみ出るんよ! ガス缶と繋げたままだとツマミがひっかかり入らなかったので...
IMG_5639

雪峰H300にガス缶と一緒に入るバーナーって無いよ〜❗️
IMG_5640


湯沸かし実力は 使用前ガス缶重量43.2g
FullSizeRender

300mlの水道水(室温27℃)で沸騰5分46秒
最大火力までの幅は、閉→最大火力まで開 15分(90°)くらいです。
IMG_5660

ガス消費量 43.2 - 39.3 = 3.9g
FullSizeRender

満タンで12gだから300mlを三杯沸かせるか?
一回で1000mlだと沸かせそうな....

まぁ外だと風も気温の変化もあるので、コーヒーとカップ麺が沸かせたら御の字かな(^^)
その為にも風防は必要



このバーナーのカバーが鉄ちんでベースがアルミ鋳造? なので気化熱で缶が冷えますが、このバーナーでは連続で二杯(300ml)を沸かしたけどバルブ調整(ガス開)はしてません。と言うかする必要性がありませんでした。
IMG_5641

パワーは弱いけど、気化熱による缶冷えを温まったバーナーがブーストする役目も狙いかな?

点火から最後まで安定した燃焼をする感じ!  
設計がそうなってるんでしょうね! 無駄に火力を上げると料理が焦げちゃいますから(^^)



それとさすが専用バーナーです。
CBーODアダプターは取り付け辛かったんですが、これはガス缶のくびれ部を外側からロックする方式なんでワンタッチです。




さぁ対して...

BRSでは使用前ガス缶重量46.1g
IMG_5693

点火から2分位までは流石の火力でした。
3分くらいで沸騰するかと思いましたが...
IMG_5694

2分を過ぎると ドンドン火力は落ちました!
バルブ調整無しとしたので、5分6秒
IMG_5698


消費ガス重量は
46.1 - 42.4 = 3.7gでした。
IMG_5699

沸騰時間とガス消費はBRSの勝利👏


ちなみにウィンドマスターSOD-310でも試して見ましたが、350mlでしたが、
一回目 3分20秒
二回目 6分50秒
で二回目はいつ消えるかという感じで、二回目後のガス残は暖めて全開燃焼15秒くらいでしたので、12gで二杯がやっと...



 多分 バルブ調整無しの放置で600mlだと逆転するんとちゃうかな?  こまめに調整してやると状況はかわりますが...



まぁ両機とも外では風対策が必要ですね...

と言うかウィンドマスターのフォーフレックス五徳が収納出来ないのでボツですが(^^;)



風防兼五徳を考えんと 外では使えないね...
ここまで小さくして、アルミパネルの風防板は無いしね(^^;)  せめてバーナーと一緒に収納できる奴が欲しい...

アルミホイールで作っても良いが、風に負けない強度も欲しいし...




ごそごそとポーチを探していると、ソニーのちっちゃなスピーカー用があった(^^)

めっちゃ丁度ですが٩(ˊᗜˋ*)و
FullSizeRender


まあ色々と考えるだけでも楽しいね₍₍ (ง ˙ω˙)ว ⁾⁾


最新記事

前回の記事







By ArukeOssan